『ラゴン・ジュルナル』に来てくださってありがとうございます!

「JavascriptをOn」にしていない端末やブラウザで閲覧しているかたに、このアラートが表示されるようになっております。Javascriptを許可してからおたのしみくださいませ。

Chrome「設定」→「詳細設定」→「プライバシーとセキュリティー」→「サイトの設定」→「Javascript」を許可 iPhone「設定」→「Safari」→「セキュリティ」→「Javascript」をオン iPad「設定」→「Safari」→「詳細」→「Javascript」をオン Android「メニュー」→「設定」→「高度な設定」→「Javascriptを有効」など

【ラゴンレキシク】新語チェック#4

このたび「ラゴンレキシク」に11個の新語を追加しました。

このページでは、追加分を簡易的にチェックできるようにしてあります。

ほんとうであれば、「ラゴン・レキシク」をランダムにまわすなかで出会ってほしいのですが、ちょっとだけ先に知りたいというかたのために記載しております。レキシクガチ勢のかたは、「新語が入ったんだな」ぐらいにとどめ、引き続き「ラゴン・レキシク」をあそんであげてください。

ひとまずチェックされるかたは、以下にお進みくださいませ。データを利用されたいかたは「利用ガイドライン」をお読みのうえ、ご相談くださいませ。




PICK UPpopularizerポピュラライザー

なにかの魅力をより一般的にする役目のこと。

ゼロをイチにするのではなく、だれかがつくってくれたイチを10や100にしていくことと言えるでしょうか。訳語としては「普及者」になりがちですが、だれかの切り開いた道を「舗装」すると考えて、「舗装者」としてもおもしろいかもしれません。

今回の新語

今回の新語リストです。

クリック(タップ)すると語釈が見られます。もし物足りない場合は、実際に「ラゴン・レキシク」で出るまであそんでみたり、自力で調べてみてください。

(アメリカ合衆国において)金融政策の中心となっている機関の動きをこまかく追いかけて報道する記者のこと。

(おもにドイツにおいて)買いだめをすること。

子どもを持たずに共働きで収入を確保することを選んだ家庭のこと。

監獄に入っている囚人のこと。

ロボットの動作やビジュアルや人間にちかづくにつれて好感は増していくけれど、ある時点で急に嫌悪感や反発心が生じ、人間と区別ができなくなるころにふたたび好感をいだくだろうという予想のこと。

なにかの魅力をより一般的にする役目のこと。

(わざと芸術的・ユーモア的なねらいで)使いみちはないのに専門的な機能だけ備えられた装置のこと。

ひと株あたりの金額が書いてない(いまではふつうの)株券のこと。無額面株式。

(ふるい書きことばで)みちびいて手助けすること。

(おもに1990年代のアメリカ合衆国において生じた)情報技術をあつかう会社の株価が急騰して、おおきく下落した投資界のハプニングのこと。インターネットバブル。

鉄道の行き先などを示す幕(標識)がおかしい表示になっていること。

Written by Runner
Copyright LagonGlaner and Author