『ラゴン・ジュルナル』に来てくださってありがとうございます!

「JavascriptをOn」にしていない端末やブラウザで閲覧しているかたに、このアラートが表示されるようになっております。Javascriptを許可してからおたのしみくださいませ。

Chrome「設定」→「詳細設定」→「プライバシーとセキュリティー」→「サイトの設定」→「Javascript」を許可 iPhone「設定」→「Safari」→「セキュリティ」→「Javascript」をオン iPad「設定」→「Safari」→「詳細」→「Javascript」をオン Android「メニュー」→「設定」→「高度な設定」→「Javascriptを有効」など

記事のフッターに著者プロフィールをつくりました。

サイト改善記録 #27

サイト

Lagon Journal

なにをどうしたか

記事のフッターに著者プロフィールをつくりました。

具体的な変更

前々回は著者のデータベースをjsonで作成しました。前回はデーターベースと記事の設定ファイルをひもづけたので、記事内に著者のプロフィールをかんたんに流せるようになりました。最初からそういう設計でサイト制作すればよかったのですが、リソースがなかったのでプロフィール表示機能が後回しになっていた感じです。

技術的には前回で話しているので、コードだけ貼ります。

<!--クレジット-->
{{ with .Params.writer }}
{{ $writername := . }}
{{ range where $.Site.Data.author "Author.Name" $writername }}
<div class="author-area opensans">
   <p class="author-bar">Written by {{ .Author.Englishname }}<br>
      <span class="copyright">Copyright LagonGlaner and Author</span></p>
</div>

<!--フッター著者プロフィール-->
<div class="footer-profile">
   <img src="images/icon/{{ .Author.Iconurl }}.jpg">
   <div class="footer-profile-flex">
      <span class="footer-profile-name bold">{{ .Author.Name }}</span>
      <span class="footer-profile-description">{{ .Author.Profile }}</span>
   </div>
   <a class="footer-profile-link" href="/posts/{{ .Author.Posturl}}/">{{ .Author.Name }}の記事リストを見る</a>
</div>
{{ end }}
{{ end }}

記事の設定ファイルの著者名とデータベースの著者名をマッチさせて連絡して、データベース側からプロフィールをもらってきています(.Author.Profile)。

Written by Dev. Team
Copyright LagonGlaner and Author