///

Nintendo Switch Proコントローラーのあそびごころ

ニンテンドーSwitchの対戦ゲームをしていて、どうも負けこむようになってきたので調べてみると、コントローラーの不具合に行き当たりました。Switchにはコントローラー補正機能があるのですが、補正を始めたら最後、ずっとコントローラーをぐるぐるまわすだけの囚人労働がはじまります。

ほんとうは2回ぐらいまわすと補正がおわるところ、上方向の効きがわるすぎて、なんどもなんどもまわして、そのまま生涯を過ごすことになりそうでした。よくこの状態でプレイしていたなと思う。ちょっとずつ狂っていくとわからないものですね。

補正が終わらずこれはこれで別におかしいと思ってさらに調べると、私のもちいている公式の「Nintendo Switch Proコントローラー」は、ながいことプレイしているとスティック(マルチディレクショナルスイッチ)から削れ落ちた粉が内部でセンサーに影響するとかしないとかで乱れることがあるそう(そんなひどい構造あるか、と疑いつつも信じて直すしかない)。分解して清掃すれば元どおりになったというひとがまあまあいたので、そんな粗悪品を任天堂がつくるわけなくないかとツッコミつつ保証対象外になることを覚悟で分解トライしてみました。

コントローラーなのに分解はめちゃくちゃシンプル。複数のタイプのネジを外していき、振動子に両面テープらしきものがはっついているハンドル部を外し、フタを外します。スティックは基盤側についており、要注意のリボンケーブルというかフレキ(フレキシブルプリント基板)がフリップロックタイプコネクタから外れてしまったのでピンセットで元に戻して清掃。エレクトロニッククリーナーとかがあるといいのでしょう。途中ネジがなめてしまい、天才なひとに輪ゴムでなんとかしてもらいました(ひやひや)。

清掃後は不具合がいっさいなくなり連勝。粉、ほこり、綿ゴミあたりが原因だったのかけっきょくはわかりませんでした。マッシュルームスティックのカバーがあって、上下左右の可変抵抗とプッシュスイッチもあってセンサーに粉が影響した感じはなさそうでした。付け替えたことでスティックの高さが変わって、正常になったのかもしれないと思っています。

それはそうと、その分解途中に文字を発見しました。冒頭の画像です。

「THX2 ALLGAMEFANS!」(すべてのゲーム好きにありがとう!)、むろんこちらこそ愛してます、とどさくさにまぎれて両思い。

PH000、イモネジ、フレキシブルケーブル、可変抵抗、プリントパターン、それらの合間を縫うように、ゲーマーとしての私に文字が捧げられている。すべてのプロコンに印字されていたとしても、ふとしたときに出会うことばはとても輝いているなあと思いました。

Written by Aisaka, Chihiro
Copyright LagonGlaner and Author

「ラゴン・レキシク Lagon Lexique」は、ことばとの出会いを大切にするランダム語釈表示サービスです。ふだんの生活では出会えないことばが収録。どなたでも無料なのであそんでみてください!

運営や著者に声を送る かしこまらず、あなたの温度感で。 フォームへ飛ぶ
Liana Mikah
ブログ 思いつづるひとつひとつの日々。
Agathe Marty
エッセー それぞれが一回に懸けるもの。
daniel petreikis

『ラゴン・ジュルナル』に来てくださってありがとうございます!

「JavascriptをOn」にしていない端末やブラウザで閲覧しているかたに、このアラートが表示されるようになっております。Javascriptを許可してからおたのしみくださいませ。

Chrome「設定」→「詳細設定」→「プライバシーとセキュリティー」→「サイトの設定」→「Javascript」を許可 iPhone「設定」→「Safari」→「セキュリティ」→「Javascript」をオン iPad「設定」→「Safari」→「詳細」→「Javascript」をオン Android「メニュー」→「設定」→「高度な設定」→「Javascriptを有効」など