///

季節属性、いろんなものに付与されている「季節っぽさ」

これは春っぽい、あれは夏っぽい。「○○の季節っぽい」に目を向けてみる。

こんばんは。龍山香名です。いろんなものやことに付与されている季節属性について。

私は基本的に気がついたら気温や景色が変わっているというくらいの認識しかしておらず、季節というものを全然意識しないで生活しています。イベントがあることで、今の季節をなんとか把握しています。春の代名詞ともいえる卒業式・入学式なんかは3月と4月にあります。夏休みは大体8月か9月です。お祭りもこの時期が多いでしょうか。年末年始は12月と1月です。冬休みは3月。実は秋と呼んでいい時期がいまいちわかっていないのですが、10月ごろになるとよく「食欲の秋」といったフレーズを耳にするので、10月ごろが秋なのでしょうか。あと、ちょっと前に梅雨が明けましたが、梅雨は春なのでしょうか。夏なのでしょうか。どちらにせよ、雨が続くジメジメした期間といったくらいの認識しかしていないのですが。

見ての通りせっかく四季のある日本にいながら季節というものをろくに意識しないで生活しているのですが、一体私たちは何から季節を感じ取っているのだろうとふと気になったので、考えてみます。

今は8月。高気温高湿度真っ盛りです。四六時中セミが鳴いています。このセミの鳴き声というのは、ひとつの「夏」要素なのではないでしょうか。夏っぽさというと、京都では7月になると祇園祭があります。あれを見ると夏だなと感じます。また、着物を着たひとが増えてきます。お店の前で風鈴が鳴っていることもあります。会社では扇子やうちわで扇いでいるひとがいます。日傘をさすひとも増えます。

そういえば、卒業式・入学式のイメージ画像はどちらも桜が満開の風景ですが、実際は片方は満開で片方は散った後ですよね。あれが原風景というものなのでしょうか。卒業式と入学式を繰り返す時期はもう終わってしまったのですが、両方とも桜が満開だったことはなかった気がします。それでも春だと強く認識させられるのは、校長先生の挨拶に春がどうたらというフレーズがよく入るからでしょうか。それとも、卒業式や入学式というイベントそのものに春っぽさがあるからでしょうか。

おそらくいろんなものやことにはある季節っぽさ、言い換えると属性が付与されています。たとえば季語はまさに俳句の世界における季節属性の公式設定です。あまりにも属性がわからなかった場合は参考にしてみるのもいいかもしれません。

先ほど言ったセミの鳴き声なんかはまさに夏といった感じがします。暑かろうと暑くなかろうと、セミの鳴き声をある年に初めて聞くと、夏がきたんだなと感じます。空のことに詳しいひとは雲の高さや薄さから。植物に詳しいひとは咲いている花や生い茂る植物の種類などから。そういう知識があるとより鮮明に季節のちがいを感じ取れるのかもしれません。半袖のひとを見かけると夏を感じることもあるかもしれません。

紅葉はまさに秋属性を持っています。秋ではなく春に葉が赤くなる楓があったりしますが、あれを見るとものすごい違和感にとらわれます。その植物からすれば春に赤い葉をつけることが自然なのに、こちらがそう感じるということは、赤い葉っぱに春属性ではなく秋属性を感じるからでしょう。

衣服でいうと、分厚いコートは冬属性です。あんなものを春に着ては暑すぎてかないません。しかしああいう分厚いのを着ないと冬は凍え死にます。ジャケットは春・秋属性です。私は春服と秋服のちがいがよくわかっていないため、春や秋に着そうな服については季節がふたつ付いています。服に詳しいひとであれば、おそらく季節をしっかり分けられるのだろうと想像します。

季節は「今が何月か」で決まるものでしょうか。4月は春で12月は冬ということだけは私もしっかり覚えているのですが、正直、ほかの月についてはあやふやです。1から12の数字があることしかわかりません。暦が制定されたときはしっかり季節と月が結びついていたのだろうと思うのですが、今はそこまで厳密に分けては生活していません。たしか昔は太陽ではなく月を基準にしていたのでしたっけ。今は太陽を基準にしているので、そこでも食いちがいが起きていそうです。月とは今の季節を表すものではなく、あくまで生活を区切るものなのかもしれませんね。極端な話、月がなくても1年は数えられるわけです。でも月があることによって、だいたい30日ごとに「明日は月が変わる日だ」とわくわくすることができます。

ところで、そんな季節感をまるっと無視するものがあります。服装です。先ほど分厚いコートは冬だとか言いましたが、たとえばビジネスの世界においてはよくスーツという服が着られます。最近はクールビズと称してジャケットなしの半袖もOKになったようですが、会議など、ちょっと気を張らないといけないときなんかはいくら暑かろうとジャケットを羽織って臨まなければならないことが多々あります。ジャケットに夏属性は感じないので、暑苦しいなあと見ているだけで思ってしまうのですが、ああいう、季節に関係なく同じ服装を保つというのがひとつの誠意ある行動として見られるのかもしれませんね。ちなみに私はああいう我慢大会のような行いには反対です。暑いじゃないですか。お祭りや動画撮影などに自分から参加するのならともかく。スーツってすごく動きにくいですけど、あれって「あなたに危害を加えるつもりはありません」という意思表示だったりするのでしょうか。でも最近は動きやすさ重視のストレッチ抜群スーツも出たりしていますよね。スーツって不思議ですね。

季節属性がないものもあります。たとえば自動車は外から見るとまったく何の季節も感じられません。いつ走っていても違和感はなく、かといって何かしっくりくるような感覚もありません。人間なんかもそうですね。そのひと自体には特に何も感じません。そのひとが身につけているものなどに季節属性を感じています。仕事も無属性ですね。開催時期が決まっているお祭りの運営など、特定の季節にしか発生しない仕事なら季節属性を感じそうですが、通年の仕事には何も感じないひとが大半だと思います。

自分が身の回りのものやことに対してどんな季節属性を感じているのか、または感じていないのか、に目を向けてみると楽しいと思います。表をつくってみるのもいいかもしれませんね。暇つぶしにどうでしょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。今日も一日、おつかれさまでした。

Written by Tatsuyama, Kana
Copyright LagonGlaner and Author

「ラゴン・レキシク Lagon Lexique」は、ことばとの出会いを大切にするランダム語釈表示サービスです。ふだんの生活では出会えないことばが収録。どなたでも無料なのであそんでみてください!

運営や著者に声を送る かしこまらず、あなたの温度感で。 フォームへ飛ぶ
Liana Mikah
ブログ 思いつづるひとつひとつの日々。
Agathe Marty
エッセー それぞれが一回に懸けるもの。
daniel petreikis

『ラゴン・ジュルナル』に来てくださってありがとうございます!

「JavascriptをOn」にしていない端末やブラウザで閲覧しているかたに、このアラートが表示されるようになっております。Javascriptを許可してからおたのしみくださいませ。

Chrome「設定」→「詳細設定」→「プライバシーとセキュリティー」→「サイトの設定」→「Javascript」を許可 iPhone「設定」→「Safari」→「セキュリティ」→「Javascript」をオン iPad「設定」→「Safari」→「詳細」→「Javascript」をオン Android「メニュー」→「設定」→「高度な設定」→「Javascriptを有効」など