『ラゴン・ジュルナル』に来てくださってありがとうございます!

「JavascriptをOn」にしていない端末やブラウザで閲覧しているかたに、このアラートが表示されるようになっております。Javascriptを許可してからおたのしみくださいませ。

Chrome「設定」→「詳細設定」→「プライバシーとセキュリティー」→「サイトの設定」→「Javascript」を許可 iPhone「設定」→「Safari」→「セキュリティ」→「Javascript」をオン iPad「設定」→「Safari」→「詳細」→「Javascript」をオン Android「メニュー」→「設定」→「高度な設定」→「Javascriptを有効」など
///
よくある質問とマシュマロ回答 Frequently Asked Questions, Marshmallows

あらためまして、ラゴンジュルナルのあいさかです。

ここではこれまでにあった質問や、あらかじめこちらで想定した疑問にお答えしております。

こちらになかった場合は、お手数ですがご連絡いただきたく思います。どんなに些細なことでも構いません。ただ、ほぼひとりで運営しているため、お返事がすぐにできるとは限りません。ご了承くださいませ。

ラゴンジュルナルに質問する

フォームから質問する
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScUFx0uQrne68WsgeKAxs0amSdsYTvmDV1dAWTvKFp7ibLzSQ/viewform
マシュマロで匿名質問する
https://marshmallow-qa.com/lagonglaner?utm_medium=url_text&utm_source=promotion
ツイッターからDMを送る
https://twitter.com/LagonGlaner

なにを目指しているんですか?

よくある質問

なにを目指しているんですか?

Q
最小単位の運営目的はブログメディアを本気で運営したい。最大単位では、ラゴングラネらしいアプローチで文章とビジネスをつなげていきたい。副産物として、ライターさんの自己表現の場になるとうれしいです。

こぢんまりしている感じとか、商業的な要素をできるだけ取り除いた雰囲気については、「同人」とか「インディーズ」というとわかりやすいかもしれませんが、私の考えているものはその先にあります。 ラゴングラネという、入口的な世界観をどこまでビジネスとしてかたちにできるか、という課題にとりくんでいきます。ふつうビジネスは感情的で針小棒大でキャッチなーほうが注目してもらえます。毒舌、罵倒、対立、冷笑、汚職、告発、叫び、マウント、わざとらしさ、そういったものが映えます。だけど、私はもっと個人的なこと、あるいは個人という単位さえおおきくてあてはめにくいほど細かい日々のじぶんのことを大切にしたい。ほんとうはそういうちいさくてどうでもいいことを心からもとめているひとのために届けたい。その手段や手口としてビジネスや商売というのが最適かもしれないと思って走り出しています。毒舌じゃなくて、罵倒じゃなくて、冷笑じゃなくて、叫びじゃない世界の感性をかたちにします。ご支援や伴走をしていただけたらうれしいです。

より詳しい話をすれば、文芸メディアではない場所に文芸的な表現があればいいなと思っています。ウェブは最適化されやすいので、文芸メディアを見る人は文芸のコアなファンです。それはそれでいいとして、私は文芸メディアではないところでちょっとでもいいから文芸に触れてほしいと思っています。それは「ザ・文芸」ではなくて、「文芸風味」でも構いません。ラゴンジュルナルのブログ記事のどこかの一文に表現を感じてくれたらうれしいなって思います。それと同時に、日記による表現だったり、EPUBで電書を埋め込んだり、ウェブデザインと組んだ表現をたくらんだりしています。なんとなく気になって、なんとなく読んでいるうちに、文芸や表現というものと出会ってもらえたらこの上なくしあわせです。

制作会社はどこをつかっていますか?

よくある質問

ウェブサイトやライターの制作会社はどこをつかっていますか?

Q
実は、DIYです。

(いまのところ)制作会社の利用はしていません。ウェブサイトについても自作しています。さいわい、チームの全体的にウェブに関する知識があるほうなので、できるかぎりじぶんのイメージどおりになるようにつくりこんでいます。ウェブサイトは無名なラゴングラネにとってコアになるポイントなので、じぶんたちでつくるようにしています。ウェブサイトつくるのたのしいですしね。もしウェブサイトづくりのご相談があれば、無償・有償を問わずぜひお声がけください。

ライターについてもじぶんたちで募集をかけて、じぶんたちで選んで、お願いしています。最高の出会いばかりなので、こちらも他人に任せることはないと思います。

営利団体ですか?

よくある質問

営利団体ですか?

Q
営利団体になりたい予定です!(2020年3月現在)

いちおうものづくりのチームなので、そのうち営利団体になる予定です。株式会社というよりは、LLC(有限責任会社)で展開しようかと思っています。当サイトの『ラゴン・ジュルナル』の営利化は考えていませんが、お金を払ってでも、この場所に記事を載せたいという広告主がいれば、広告契約をすることも視野です。また、貧乏なうちは寄付的なドネーションをつのることもあると思います。この場所に価値を感じてくださったかたに、無理のない範囲で企画的につのる予定です。

ライター募集はしていますか?

よくある質問

ライター募集はしていますか?

Q
時々。ツイッターで告知しがちです。

ラゴングラネ(『ラゴンジュルナル』)では、ときどきライターを募集しています。そこで調整してもらえると助かりますが、あまりにも熱意あまってしまった場合は、余熱がもったいないと思うのでぜひご連絡ください。

自著宣伝はできますか?

よくある質問

ライターです。自主制作本や同人誌などの自著宣伝はできますか? フリーライドにならないか心配です。

Q
できます。ただし、二次創作物などは要相談とさせてください。

いいものをつくることと、それをちゃんと知らせることは創作の両輪だと思います。どちらかが欠ければ、うまくいきません。そして宣伝や告知の大変さは私も苦い思いをしてきたのでよくわかるつもりです。なので、自著宣伝や、本に限らず自主制作したもの、よその媒体で発表したものなど、基本的に制限なく宣伝できるような体制を敷いております。悪意的なフリーライドと思わず、友好的なフリーライド、つまり相乗効果と考えたいと思います。ただし、二次創作物や年齢制限の必要なもの、破壊的なものなどについては要相談とさせてください。

チームのマネジメントはどうやっていますか?

よくある質問

チームのマネジメントはどうやっていますか?

Q
ザ・自走型。

コミュニケーションツールは「Slack」、ソースコードの管理は「GitHub」、あとは私がやりたいことを共有して、アイデアをもらったり、実際に実装してもらったりです。本業が忙しいなか、貴重な時間をあててもらえていてほんとうにありがたいです。ドラッカーじゃないですが、ひとに対する感謝を忘れないことはマネジメントかもしれません。あとは、肯定ファースト。まず「いいね」から始める。これはマネジメントレベルではなく、ラゴンの理念にあたいするぶぶんですね。ここに共感し合っているからこそ、あんまり問題なくチームとして機能しているのかもしれません。

運営に参加できますか?

よくある質問

運営に参加することはできますか?

Q
可能ですが、いずれにせよバイブスが合う必要があります。

現在、コアなところを共有しているフリーポジションのチームメンバーが6人、共感してくれて仲間になってくれたライターが16人(うちボランタリーが8人)おります。

ブログが書けるとか、ウェブサイトを制作できるとか、jsがわかるとか、hugoがわかるとか、デザインまわりが得意とか、庶務(データ入力など)をやりたいなどがあって、もしご興味があればお声かけください。バイブスが合っていたらお願いしたいことはたくさんあります。

ただ、まだ会社としてやっているわけではないので、ボランタリーになることがほとんどかと思います。それでもよろしければ、運営を手伝っていただきたいです。

書いた記事を自分のサイトなどに再掲してもいいですか?

よくある質問

書いた記事を再掲することはできますか?

Q
もちろん可能です。できれば初出のクレジットもあるとうれしいです。

ラゴンジュルナルの原稿料はおもに自己申告ということもあって、業界基準で見ると高かったり安かったりします。そういうグラデーションの都合でやっているので、たとえば「著者がじぶんの記事を有料noteやPixivFanboxに再掲してファンから直接的に投げ銭をもらう」などの金銭的な工夫を推奨しています。また、ポートフォリオの都合などで再掲したいとき、どこかに収録するなど、いろいろあると思いますのでご自由に再掲くださいませ。ラゴンジュルナルの記事が初出の場合は、クレジットがあるとたいへんうれしいです。(まったく強制ではありません)

記事のスクショを撮っていいですか?

よくある質問

記事のスクショを撮影してもいいですか?

Q
スクリーンショット撮影OKです!

SNSで紹介してもらえるのも歓迎です。そのさい、フォロワーのかたが記事にたどりつきやすいように、記事のURLも添えてもらえるとうれしいです。読んでほしいところにアンダーラインを入れたりなどの軽微な加工も許容しておりますが、度が過ぎたものを発見したさいは修正や削除をお願いしにいくかもしれません。常識と節度のなかでうまくやっていただけると助かります。